【HABONE】テーマへの想いと【HABONE】テーマが目指すもの

【HABONE】テーマへの想いと【HABONE】テーマが目指すもの

WordPress用テーマ【HABONE】の案内サイトへお越しいただきありがとうございます。テーマ作者の「ひまあーと」です。

ここでは【HABONE】テーマの開発経緯、テーマの目指すもの、テーマへの想いを紹介させていただきます。本ページの内容をお読みいただき、共感いただいた上で使用いただけますと幸いです。

【HABONE】テーマの目指すもの

非公式テーマならではの自由度

【HABONE】および試用版の【HABONE BASE】の利用規約でも書かせていただいている通り、本テーマは、どちらもWordPress公式テーマとしての登録を目指したものではありませんし、登録の申請をする予定もありません。

それは、決してコードやテーマファイルの形態が準拠していないということではなく、以下のことを実現するため、また、要件を満たさない部分が存在するためです。

  • カスタマイズしやすいよう、テンプレートはべた書き(HTMLの流れそのもの)にしているため
  • 本テーマのみである程度の機能を実装できるよう、WordPress公式テーマの条件である、プラグインの行う領域を侵害しないことに反しているため
  • 初心者の方でも設定しやすいよう、機能のほぼすべてをテーマカスタマイザー上ですべて設定できるようにしており、中には公式テーマの要件を満たさないものがあるため
  • 多言語化に対応したテーマではあるものの、基礎となる英語表記はGoogle翻訳で英訳したものであり、公式に準拠していない部分がある可能性があること。また、すべての文字列について翻訳対応できていない部分があること

従って、WordPressテーマとして、あくまでも私の開発環境、公開環境においては問題なく動作しています。

開発の基本としていること

【HABONE】テーマは、私個人のサイト用のテーマとして開発したものです。従って以下の原則を持ってテーマ制作および改良を行っております。

  • 可能な限り高速表示を実現させること
  • 可能な限りテーマ側でデザインを強制しないこと(ブラウザのデフォルトCSSの有効利用)
  • 個人でブログサイトを制作・運営する際に必要と思われる機能が実装されていること
  • 初心者の方でも簡単に初期設定ができるようにすること

可能な限り高速表示を実現させること

WordPressはアクセスがある度にデータベースからページに必要な情報を取得し、テーマを通じて表現するというのを繰り返すCMS(コンテンツマネージメントシステム)です。通常のHTMLのみで作られたサイトと比べると、ページ表示までの段取りが多いため、高速表示には向かないと言われています。

よくWordPressの高速化として紹介されているのは「ページをキャッシュ(出来上がったものを一時的に保存)してアクセスがあったらそちらのページを表示する」方法ですが、アクセス数の少ないページではこれが逆に速度低下をさせる要因にもなります。

また、読み込まれるスクリプトやCSSに何等かの作用をさせて(遅延や先読み等)高速化を図る方法も紹介されていますが、動作に不具合が出たり、逆にその処理をすることに時間がかかってしまって、結局効果がないというケースも多くあります。

【HABONE】では、テーマが表示速度の低下に与える影響を減らすため、以下のようなことをしています。

  • 機能は使うと設定した際にのみ動作させる(使わないと設定した時には表示させないのではなくそもそも動作させない)
  • モバイル表示、パソコン表示時に必要なスクリプトやCSSをそれぞれ専用にし、必要なものだけを読み込む

これにより、汎用テーマにありがちな不要なものも含めてすべて動かしているものの実際には使われていないことによる速度低下を最小限に抑えるようにしています。

表示速度がどうなのかというところについては、本サイト、および【HABONE】を使って運営しているサイト例を実際にご覧いただければ、実感いただけるでしょう。

可能な限りテーマ側でデザインを強制しないこと

【HABONE】テーマでは、CSS(デザイン用)を最小限にし、ウェブページをHTMLタグに従って適切に表示させるというブラウザの本来の機能を可能な限り利用するようにし、「こう表示させたい」というのを強制させるのではなく「ブラウザ標準に対して部分的に変える」という意識でデザインコードを記述しています。

これにより、以下の効果が得られます

  • カスタマイズ時に無理にデザインを強制しなくてもそれなりに表示される
  • デザイン強制による表示の不具合が出にくい
  • ページ表示時に読み込まれるコードが削減できることにより、より高速に処理ができる

また、CSSの読み込み順を以下のようにすることで、可能な限りスムーズに上書きができるようにしています

  1. ブラウザの標準CSS(これはテーマ側では何もしていません)
  2. 【HABONE】の標準CSS
  3. プラグインなどのCSS
  4. 【HABONE】テーマカスタマイザーのデザイン設定
  5. テーマカスタマイザーの追加CSSへ記述したもの
  6. ブロックエディタで指定したインラインCSS(テーマ側では何もしていません)
  7. 子テーマへ追記したCSS

個人でブログサイトを制作・運営する際に必要と思われる機能が実装されていること

【HABONE】テーマにどんな機能があるのかはこちらの一覧をご覧いただけばお分かりいただけるようにしていますが、ざっくりと紹介するとこんな機能が備わっています。

  • いろいろな部分の色など「表示・表現」の部分を簡単に変更できる
  • 検索エンジンから見つけてもらいやすい情報の出力をすることができる
  • 最低限必要なセキュリティ設定ができる
  • サイトの運営や制作に便利な機能を簡単に設定し、使用できる
  • サイトが出力する内容を最適化し、より高速表示できるようにする

また、本サイト上で、テーマの機能について、機能の概要や設定方法など、できるだけ詳しく紹介するようにしています。

これらの設定や機能は、「これのためにいちいちプラグインを探したり、自身でコードを追加してカスタマイズするのが大変」というものをテーマ内で完結するようにしたもので、今後も必要に応じて更新や追加をしていく予定です。

さらに、ご自身でサイトを充実していく過程で、これらの機能が邪魔になったり、プラグインの追加などによって機能が重複しないよう、ほぼすべての機能について「有効/無効」の設定ができるようにしています。

これらはすべて10年程WordPressというツールを使い、数々のテーマやプラグインを試してきた経験から得たものであり、素直に公式配布されているプラグインを使用した方がよいと判断した機能もあり、そうしたものについても随時案内をするようにしていきます。

初心者の方でも簡単に初期設定ができるようにすること

無料または有料ブログサービスを運営している方が初めてWordPressというツールを知ったとき、ブログサービスにはない拡張性を魅力に感じて移行される方は多いと思います。

また最近では、サーバーサービスの向上によって、ドメインの取得やWordPressのインストールも簡単にできるようになり、私が初めてWordPressに触れたときとは比べ物にならない位身近なツールになりました。

ただ、その後はどうしたらいいの?ということについては戸惑う方が多いのではないかと思います。

そして、ともすれば、私が経験したように「WordPressについて」を知ることに終始して、肝心の情報発信ができず、サイトとして出来上がった頃には「何をするんだったっけ?」となってしまう方も少なくないのかも知れません。

【HABONE】は、以下のようにWordPressサイトに必要な以下の機能を1つにして、すべてテーマカスタマイザー上で設定できる、高機能というよりは多機能で初期設定に困らないテーマ作りをしています。

まずは【HABONE BASE】(試用版)で、主にサイト各所の色設定のしやすさを体験いただき、その他の機能が必要であれば、こちらの一覧にある機能の追加方法についての情報などをご覧いただき、ご自身で追加にチャレンジしていただくか、上位テーマの【HABONE】をご利用いただければと思います。

【HABONE】テーマはこうして生まれました

10年程前、確かバージョンが2.xだった頃に、初めてWordPressというツールに出会いました。

それまでは、SeesaaやFC2などのブログサービスをちょっと利用した経験があるだけで、CMS?サーバー?ドメイン?状態でした。

当時はレンタルサーバーの月額料金も、ドメインの維持管理料も、今の何倍もしたため、すぐに手を出すことができず、フリードメイン+自宅サーバー(これも結構ハードルが高い)で運営を始めたのを覚えています。

また、その頃は今と違ってWordPressに関するネット上の情報もなく、ただ分厚くて結構いい値段のする本が書店で売られていた位で、それを読んでもチンプンカンプンでした。

試行錯誤の末にようやく記事を書き始められたのは、恐らく最初にWordPressを導入してから1か月後位だったと思います。その位何をどうしていいのかわからない状態でした。

それからしばらくして、「Simplicity2」という、今でも配布されている無料テーマに出会い、状況は一変!ただただ「へぇ~~、こんなこともテーマだけでできるのか」と感心したのと同時に「こんなプラグイン使ったらそんな機能が追加できるんだ~~」と感動すらしたのを今でも忘れてはいません。

その後、本当に必要なの?位のプラグインをインストールして有効化してサイトを運営していましたが、表示速度が極端に遅く、多分自分が検索エンジンでこのページにたどり着いてもすぐに閉じるだろうなぁとすら思うものしかできませんでした。

そんな中で勉強を重ね、2018年にオリジナルテーマ【ha-Basic】を作り、自身のサイトへの導入と同時にこちらのサイトで無料配布を開始しました。

【ha-Basic】自体も今でも使えるテーマですし、動作に大きな問題はなかったのですが、いかんせん研究しながら機能の更新や追加を行ったテーマでしたので、無理やり統合している箇所があるなど根本からの改善の必要性を感じ、それなら一からもう一度テーマ作りをしよう!ということで誕生したのが、【HABONE】テーマです。

今後【ha-Basic】と同様に【HABONE】テーマも時代の移り変わりなどによって、再構築が必要となる場面に遭遇することがあるかも知れませんが、その時のために、ベースとなる基礎の基礎の部分のみの段階で構成されている【HABONE BASE】を作り、それに機能を追加した【HABONE】という二段構えの構成としています。

従って、無料で配布させていただく【HABONE BASE】は、本サイト上では【HABONE】の試用版という位置づけにしていますが、ご自身でテーマを作ってみたい!という方のベーステーマとして十分な役割を果たせるものとなっていますので、ご自由に使用いただければと思います。